協賛のお願い

協賛企業・団体募集の趣旨

安全なMRI検査を考える会は、MRI検査室における事故の増加に危機感を抱いた診療放射線技師、装置メーカー関係者、コンテンツ制作者ら有志によって2011年7月に任意団体として発足しました。最初に取り組んだのは理屈抜きでMRI装置の磁場の怖さを体感できるDVDの企画、プロデュースでした。
MRI検査室における事故を防止するには、医療従事者だけではなく、患者さんやメンテナンス・清掃関係者までMRI室に入室するすべての方々への啓発が必要です。私たちは対象と用途に合わせて4種類のDVDを製作し、「医療施設のための安全講習DVD」として世に送り出しました。この4枚組のDVDは日本画像医療システム工業会(JIRA)が販売窓口となり、これまでに1,500セットが全国の医療施設に納入され、検査の現場で活用されています。
次に取り組んだのは、検査担当者のためのレスキューサイトでした。MRI検査室における事故は、夜間の当直帯など不慣れな担当者が一人きりの時に頻発しています。私たちは日本磁気共鳴専門技術者認定機構(JMRTS)の全面的な協力のもと2014年8月、MRI検査の安全に関わる情報発信応答基地「MRI SAFETY FORUM」を開設しました。検査の最前線から寄せられた質問とそれに対する回答はJMRTSによってオーソライズされ、データベースとして公開・運用されています。現在このサイトのユーザー数は5,000人に達し、ページビュー数は、毎月15,000ビューを超えています。
2015年の7月、私たちの呼びかけに応えてMRI装置メーカー5社のアプリケーション部門の方々が一堂に会しました。MRI検査の最前線で起きている危険な事態を共有するとともに、全国津々浦々の医療施設の啓発をサポートしていただくための「MRIミーティング」がはじめの一歩を踏み出したのです。
2015年12月、私たちは会を法人化しウエブサイトをリニューアルしました。この「MRI安全Web」によって最近の事故のトレンドとその対策、新しい体内デバイスへの対応など、安全講習DVDでは伝えきれない最新の安全情報もカバーできるようになりました。
これまで会の活動は、安全DVDの売上の一部を活動資金とし、あとはすべてボランティアによって運営されてきました。活動の広がり、メンバーの高齢化などもあり、今、会では財源も含めて持続可能な運営形態づくりが急務となっております。
一方MRI事故は2016年を境に再び増加に転じました。高磁場MRIの全国的な普及に伴い事故を未然に防ぐために、これまで以上に広い範囲をカバーする啓発活動とeラーニングなどWebを活用したきめ細かい情報支援が求められています。
つきましては、安全なMRI検査を考える会の活動にご賛同いただける企業や法人・団体の皆様に、これからの諸活動に必要な資金の賛助および情報提供をお願いする次第です。MRI検査に関わるすべての方々の安全を守るために、ご支援を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

一般社団法人 安全なMRI検査を考える会

協賛企業・団体に関する規定

第 1 条
協賛企業・団体とは本会の目的に賛同し、本会の事業を支援する企業、法人、団体などとする。

第 2 条
協賛企業・団体は本会への協賛金として事業年度毎に一口五万円を納入するものとする。
本会の事業年度は毎年4月1日から翌年3月31日と定められており、事業年度開始後の新規加入の場合、協賛金の額は同一とする。

第 3 条
協賛企業・団体は「安全なMRI検査を考える会」公式ホームページにおいて協賛企業・団体名の表示およびリンクバナーを設定できる。
また、書面等により本会の事前承認を得た場合、本会が著作権を有する教材や各種ツール、広報資料等の転載が許可される。
参加初年度に、本会で制作した安全に関するDVD等の最新版を1組受け取ることができる。
今後作成を予定しているeラーニングなどWebを活用した教材を利用できる。

第 4 条
本会は協賛企業・団体が次の各号に該当するときは当該協賛企業・団体に対し、事前に通知及び勧告することなく当該協賛企業・団体の資格を停止または解除できる。
 (1)協賛金が新たな事業年度開始後3か月以内に支払われないとき
 (2)内外の諸法令または公序良俗に反する行為を行ったとき
 (3)本会、他の協賛企業・団体または第三者の商標権、特許権、意匠権、著作権、
    その他財産、プライバシーを侵害した場合またはそのおそれのある行為をしたとき
 (4)本会、他の協賛企業・団体または第三者を誹謗中傷する情報を流したとき
 (5)協賛申込書に虚偽の事項を記載したことが判明したとき
 (6)本会、他の協賛企業・団体または第三者の名誉または信用を失墜させる行為があったとき
 (7)その他本会が協賛企業・団体として不適当と判断したとき

第 5 条
協賛企業・団体が前条の規定によりその資格を喪失したときは本会に対する権利を失うものとする。また、未履行の義務及び規則に定めがある場合は継続して義務を負うものとする。本会は協賛企業・団体がその資格を喪失した場合、既に納入した協賛金その他の拠出金品は返還しないものとする。

附 則
この規定は、一般社団法人安全なMRI検査を考える会 理事会の議決によって変更することができる。

2018年6月9日制定

協賛お申し込み

お申込みファイルダウンロード/Eメール添付の場合


下記ファイルをダウンロード、ご記入いただいたものを、
メール:webmaster@mri-anzen.or.jp
ファイル添付してご送付ください。

協賛申込書のみ(Wordファイル)ダウンロード
協賛企業・団体募集のご案内(PDFファイル)ダウンロード

事務局の確認後、振込先などをご連絡させていただきます。

フォームからお申し込みの場合

企業・団体名  ※必須
ご所属  ※必須
ご氏名  ※必須
ご住所  ※必須
電話番号(半角)  ※必須
FAX番号(半角)
Mail(半角)  ※必須
今年度
協賛金納入予定口数
 ※必須 1口5万円、1口以上でご支援をお願いします。
貴社名、貴団体名の
当法人ホームページ等への
掲載の可否
可   ※必須

 

※お申込み後に振込先などを連絡させていただきます。
※IPアドレスを記録しております。いたずらや嫌がらせ等はご遠慮ください。