検査環境
タグ変更

回答 1

0 支持
MRI検査に用る電波は発熱作用があります。このため、患者さんの体温上昇を抑えるために室温を24度以下にしています。さらに送風機を用いて患者さんに送風する場合もあります。
※患者さんに送信する電波の最大電力値は、室温が高くなると低く見積もる必要があります。つまり、高温の室内で検査をした場合には電波の最大電力値をオーバしてしまうため、規定値以上に体温が上昇する可能性があります。
...