MRI SAFETY FORUM にようこそ。 ここではコミュニティメンバーに質問したり、 回答を得ることができます。


60分のダウンタイムの合理性は,空気中に浮遊したウィルス等が床などに落ちるまでの時間と理解しています(患者の装着するサージカルマスクではウィルスを完全に防げませんし,検査中マスクが外れてしまうこともあります). そのため,使用しない周辺のコイルや補助具などは部屋の外に出すか養生が必要かと思います.
その他

回答 1

0 支持
浮遊したウイルスが最終的には床に落下し、その後2~3日も生存する可能性が指摘されています。このことを考えると、使用しないコイルや補助具などを外に出しておくのは順当な判断だと考えます。さらに室内にある備品すべてがレッドゾーンに存在する物品として常に扱わなければならない認識が必要だと思います。

しかし、エアロゾルが発生したか否かで対応を変えることも、普段からの業務に多くの負担がかかっている臨床現場にとっては重要な判断だと考えます。
...