MRI SAFETY FORUM にようこそ。 ここではコミュニティメンバーに質問したり、 回答を得ることができます。



最近、爪に砂鉄をコーティングして表面から磁石をあてる事で模様をつける「マグネットネイル」が急速に普及していますが、MRI検査室としてどのように対応すべきでしょうか?検査を行う事で模様が変わってしまう等のリクスはあるのでしょうか?
化粧
タグ変更

回答 1

–1 支持
マグネットネイルとは、ジェルに砂鉄を混ぜて爪に塗ったものに対して、外部から磁力を与えてさまざまな模様を作りあげ、その上からさらにコーティングをして固定をするもののようです。除去する場合も特殊な溶液でないと剥がすことができません。

ネイルジェルに含まれている砂鉄は、コーティングされているのでMRIガントリー中に飛散する可能性や質量が小さいので強く吸引される可能性は低いですが、発熱の危険性は否定できません。コーティングの強度によりますがデザインが変わる可能性はないとは言えません。この物質に関する実証実験をしていませんので、上記の見解はあくまで推測です。

身体に磁性体を付けたままMRIを実施するという、被検者に障害を負わす可能性があることと、MR装置をダメにするかもしれないというリスクを十分に考慮したうえで対応すべきと考えます。

実施する場合においても、被検者に危険性を十分に説明したうえで、不透過のゴム手袋などを装着のうえMRIを実施するのが賢明だと考えます。

編集
...