MRI SAFETY FORUM にようこそ。 ここではコミュニティメンバーに質問したり、 回答を得ることができます。



水頭症シャントバルブについてですが、当院では医師や機材の関係でバルブ圧設定が出来ません。

そのため、圧可変式シャントバルブ植え込み患者の検査は不可として対応しておりますが、圧固定式シャントバルブであればバルブ圧の確認は不要であり、当院のような状況でも検査可として対応可能という認識でよろしいでしょうか?

圧固定式か圧可変式かの確認についてはレントゲンで確認し、圧固定式であればMRI可という流れで進めようかと考えております。

安全な検査体制の確立のために、ご意見いただければと思います。
医療機器・器具
カテゴリーを変更

回答 1

0 支持
まず圧固定式シャントバルブが条件付きMRI対応であるかを確認してください。そして添付文書に記載された規制値でMRIが可能かどうかを確認してください。エックス線撮影で製品を確認することについては問題ありません。

しかし、MRI対応の医療器具であっても全てに安全が保障されている訳ではありません。MRIが直接の原因でなくても患者がシャントバルブの不具合を訴えるかもしれません。そのような場合に、どのような対応(依頼医が対応すfるのか、院内の別の医師が対応するのか、外部の医師に依頼するのか)を取るのかをあらかじめ決めておいた方が安全だと言えます。そのあたりを主治医i(依頼医)と相談して実施されるのが賢明だと考えます。
...