MRI SAFETY FORUM にようこそ。 ここではコミュニティメンバーに質問したり、 回答を得ることができます。



胸腔ドレーンバックについてはMRI unsafeと添付文書にありますが、ドレーンチューブ自体についての記載がありません。バックを外せは、ドレーンチューブは挿入したまま撮像してよいのでしょうか?
その他のインプラント
カテゴリーを変更

回答 1

0 支持

ドレーンチューブは天然ゴムですので、多分MRIを撮像することに問題ないと考えますが、チューブに金属類が付属していないか、チューブロックが金属製品以外で可能かを検討してください。MRIを実施するにあたって、MRIに関する安全性試験をしていない製品として、危険性を主治医と被検者に十分に伝えて承諾を得たうえで、可能な限り低い撮像条件で実施するとともに、検査中は生体管理をし、患者からは絶対目を離さない体制で検査を実施してください。MRIを実施するにあたって、当該患者が胸腔ドレーン機能をOFFにしても問題ないか、また、そのOFFにすること以上にMRIの有益性が上回ることの確認が必要です。


編集
...