MRI SAFETY FORUM にようこそ。 ここではコミュニティメンバーに質問したり、 回答を得ることができます。



MRI対応ペースメーカを植え込まれている方で遺残リードがある場合、検査ができない事は添付文書で承知しております。遺残リードがある場合、そもそもMRI禁忌であると認識しておりますが、医師へ説明する場合、エビデンスが必要となります。どこか明確に「MRI禁忌である」と声明を出しているサイトや機関があればご教示頂きたいです。
ペースメーカ
タグ変更

回答 1

+1 支持

2017年にHeart Rhythm Society からCIEDs植込み患者のMRIとCTに関するエキスパートコンセンサスステートメント「2017 HRS Expert Consensus Statement on Magnetic Resonance Imaging and Radiation Exposure in Patients with Cardiovascular Implantable Electronic Devices」に遺残リードに関して安全性は保障できないとの記載があります。それを受けて、日本医科大学心臓血管外科の新田隆先生が、日本不整脈心電学会雑誌(vol.38 No.1 2018)の実臨床におけるデバイス関連の諸問題-ICDとペースメーカを中心に「植込み型不整脈デバイス装着患者のMRI]撮像に関する我が国の施設基準と実施基準,HRSのステートメント」の中で、「MRI非対応のCIEDsあるいはリードを埋め込まれている患者においては、遺残リードも含めて、たとえそのデバイスが機能していなくとも,従来通りMRI検査は禁忌である」と述べられています。

1)https://www.hrsonline.org/guidance/clinical-resources/2017-hrs-expert-consensus-statement-magnetic-resonance-imaging-and-radiation-exposure-patients


編集
...