MRI SAFETY FORUM にようこそ。 ここではコミュニティメンバーに質問したり、 回答を得ることができます。



添付文書におけるSAR制限で『最大全身平均比吸収率(SAR)2.0W/kg(通常操作モード)下で15 分間以下のスキャン』のような記載を見かけます。

この場合、総発熱量を考えた場合、『1.0W/kg下で30分間以下』または『4.0W/kg下で7.5分間以下』と同義であると解釈しても問題ないでしょうか。

規制値

回答 1

0 支持
発熱量は、高周波磁場の出力と照射時間の積で求まりますので、「SAR 2.0W/kgで15分」と「1.0W/kgで30分」または「4.0W/kgで7.5分」とは同じになります。

添付文書に記載の場合は、ボリューム送信コイルでの全身SARの通常操作モードの上限値が2.0W/kgですので、発熱試験結果は、SAR2.0W/kgで何分照射した場合に何度上昇したかを記載していただくと臨床では理解しやすくなります。臨床では、SARを1.0W/kgにコントロールしにくいのと、全身SARの上限が4.0W/kgの第一水準管理操作モードまで許容されるデバイスが少ないためです。
...